プロも脱帽!便利さに納得の調理器具

調理器具とは、料理をするために使用する道具です。
文明がなかった頃は、叩いたり切ったり丸焼きにするといったシンプルな調理法で、食事は目で楽しむこともなく食欲を満たすためのものでした。
その時代には、時間に追われるという概念が無かったかも知れないので、手に入れた食材を、食べやすくするといった程度の調理だったはずです。

時代は移りすぎ、いつしか食はひとつの文化になって、味は言うまでもなく見た目や仕上がりにも、こだわりを持つようになって来ました。
人びとの暮らしも様々に形を変えて、学校や仕事など時間の制約の中で生きていくことが、当たり前の世の中になってしまいました。
その中で、食事のために費やす時間も短くなり、準備にも時間をかけられなくなってきたのです。
 
便利な調理器具は、そんな主婦にとって強い見方となって、より早く、より美しく、そしてより美味しい食事が提供できるよう、発展を遂げてきました。
たとえば、包丁やはさみで切ったり皮をむいていたのが、スライサーやピーラーが使われるようになり、電動で瞬時にみじん切りができるフードプロセッサーが一般家庭にも浸透して、下ごしらえの時間が大幅にカットされました。
また、炊飯器や電子レンジ・オーブンは、炊いたり煮たり焼いたりすることを、スイッチひとつで仕上げてくれます。

このような器具の発明は、特別ではない日常の繰り返しである調理に、縛られる時間から解放してくれました。
そしてさらに、開発され生み出される調理器具は、家庭でも非日常的なワンランク上の調理が出来て、高まった健康志向まで満足させてくれるところまで来たのです。